副業の税金で考えるべきこと

副業を始める時に大事になるのが税金をどうしたら良いかというのがあります。
なぜなら、副業を始めた時にはサラリーマンをしていて所得税を納めていてもそれとは別に所得税の申告が必要になる事があるからです。

もちろん、副業副業を始める時に大事になるのが税金をどうしたら良いかというのがあります。
なぜなら、副業を始めた時にはサラリーマンをしていて所得税を納めていてもそれとは別に所得税の申告が必要になる事があるからです。

もちろん、副業をやったから必ず所得税を別に納めないといけないという事はないです。
では、実際に副業をやる時にどのような事を注意しないといけないかというと副業で20万円を超える収入があった時に確定申告して所得税を納める必要があります。

なので、副業をしたから絶対に所得税を払う事になるという事はないですがもし年間20万円を超える収入が副業だけで会った時はしっかり申告しないといけないです。

この時に意外と多くの人が間違った考えをしてしまい失敗する事があります。
それは副業で得た所得が大した事がないと思って年間20万を超える収入が副業だけであっても申告をしないという風にしてしまう人もいたりする点です。

これはたとえ大した金額でなかったとしてもルールに従って確定申告はしないといけないです。
そうする事で少なくとも納税する意思が税務署に伝わるので目を付けらる事もないです。

ですが、年間20万円を超える収入があった時はそれで実際に所得税を払う事になるかどうかに関係なく
確定申告をしっかりやるのが大事です。

それをしっかりやるのが副業をやる時に大事になります。
また、意外と多くの人がやってしまうのがサラリーマンで源泉徴収されているからそれで副業の分問題ないと思ってしまう
というのがあります。

もちろん、会社で現前徴収されている分では副業に分は足りないです。
ちゃんと、会社の稼ぎと副業で得た稼ぎは分けて考えないといけないです。

そして、副業で得た分の収入にかかる所得税はしっかり自分で納税するようにしないといけないです。
そうしないと、場合によっては会社に副業をしている事がバレるので副業で得た金額がそこまで多くなくても
しっかり確定申告をして副業分で別途所得税を払う必要があった時は速やかに自分で納税するようにしないといけないです。

確かに確定申告をした事がない人からすれば面倒に感じるかもしれないですが、そこはちゃんとしないといけないです。